ウーマン

廃品回収のサービスを利用して作業の負担を減らす

処分する際のルールを守る

ごみ

神戸市では大型家具や自転車などの粗大ごみの処分には、ルールが設けられています。そのルールを破ってしまうと不法投棄として罰せられてしまうため、注意が必要です。神戸市の粗大ごみの処分手順として、家電といった不用品であれば、購入した家電量販店に依頼して引き取ってもらいましょう。購入した家電量販店が分からない場合は、引取協力店に依頼することで引き取ってもらえます。処分の際に必要になるリサイクル料金は、不用品の種類や大きさによって様々です。テレビを例とした場合では、16型以上のテレビで約3000円のリサイクル料金が発生します。リサイクル料金以外でも運び出しや、取り外し工事に別途費用がかかるケースがあるので、事前に確認すると良いでしょう。早急に粗大ごみを処分する必要がある場合は、神戸のリサイクルショップや不用品回収業者を利用すると良いでしょう。不用品回収業者は、回収に必要な作業員の人数やトラックの大きさ、台数によって料金が異なります。正確な見積もり価格が知りたい場合は、現地立ち会い調査の元で見積もりを出してもらいましょう。また、神戸の不用品回収業者では、不法投棄品や放置自転車の回収業務も行なっております。必要に応じて利用する業者を分けることで、スムーズに撤去作業を行なってもらえるでしょう。粗大ごみの不法投棄にお困りの方は、不用品回収業者に依頼する前に神戸市役所に確認してみましょう。ケースによっては、処分を代行してもらえるかもしれません。